選べる自由

食材

現在の結婚式では、料理は洋食であることがほとんどですが、洋食でないといけないと言うことはありません。身近な和食にすると言う方法もあります。和食にすると、日頃使い慣れているお箸で食べることができるので、高齢の招待客にも召し上がってもらいやすいです。 結婚式で出される和食には、縁起を担いだメニューが提供されることが多いです。鯛や数の子などはおめでたい素材として、和食には欠かせないものとされています。結婚式の料理に和食を選んだら、伝統的なしきたりや形式にこだわると言う人も多いです。しかし、招待客の層に合わせて伝統を重んじるメニューにするか、肩肘張らずに食べられる和食にするかを決めることが重要になります。

結婚式の料理を和食にした場合、魚料理が提供されることも多いです。小骨が少なくて食べやすい魚を選ぶようにしましょう。幅広い層の招待客に、安心して食事を楽しんでもらうためです。 和食は季節感を出しやすいと言う特徴があります。旬の食材をメニューに加える方法もあります。例えば、縁起を担いで出される魚を旬の魚に変更するのも一つです。料理を招待客に楽しんでもらうことに重きを置くのなら、伝統よりもおいしく食べてもらうための工夫が大切になります。そうすることで、たくさんの招待客に喜んでもらえる確率が高くなります。 和食はフレンチと並んで見た目も重要とされています。味だけでなく、盛り付けにも趣向を凝らしてみることです。

調整出来る

美味しそうな食材

結婚式に必要なウェディングドレスは、値段もピンからキリまであります。ただ、オーダーにすれば、通常の値段より安く済ませられることもありますので検討しても良いでしょう。

» Read more

式場を選択する

野菜

最高の一時にする為には、結婚式場も大事な要素になります。また、選ぶ時の注意点もありますので参考にしながら探していきましょう。実際に足を運ぶと雰囲気を掴むことができます。

» Read more

相場をみる

手軽な食事

人生のイベントである結婚式は、式場や演出で料金に差が出てきます。費用が足りず援助を受ける人もいるでしょう。現在は格安結婚式が流行っていますので援助を受けることもないでしょう。

» Read more

成功させる

軽食

イベントの後に開かれる二次会は、幹事や進行役が必要になります。しかし、質を上げたい場合は專門の会社が提供している二次会代行サービスを利用すると良いでしょう。注意点を守れば二次会も成功します。

» Read more